島本町ボランティア情報センター

島本町内のボランティア関係情報を掲載していきます。

島本町ボランティア情報センター

補助金助成金情報

全労済地域貢献助成(10月5日まで) 受付終了

内容/対象
助成対象となる団体
日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)から(3)までのいずれにも該当する団体を対象とします。

(1)NPO法人、任意団体、市民団体
(2)設立後1年以上の活動実績を有する団体(基準日:平成30年9月5日)
(3)直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

(注意)過去に全労済より助成を受けられた団体についても応募できます。ただし、直近5年以内(平成25年から平成29年まで)に3回全労済より助成を受けられた団体は、助成対象外となります。
(注意)平成28年以前に全労済より助成を受け、助成活動報告書を提出していない団体は助成対象外となります。

助成対象となる活動
(1)自然災害に備え、いのちを守るための活動
【活動例】
 防災研修、防災マップの作成、防災ウォークなど
(2) 地域の自然環境・生態系を守る活動
【活動例】
 自然観察会、環境教育のための学習会、森林・里地里山(棚田など含む)・竹林の保全活動、水環境(河川・湖沼・里海)の保全活動、生物多様性の保全活動(絶滅の危機に瀕する動植物の保護)など
(3) 温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
【活動例】
 自然エネルギーの普及・啓発活動、省エネルギーの促進活動、3R(リサイクル、リユース、リデュース)を促進する活動など
(4) 子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生みだす活動
【活動例】
 親子サロン、読み聞かせ、プレーパークなど
(5) 困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動
【活動例】
 障がい・外国籍・ひとり親家庭などの子どもや親の交流、相互支援活動など

<重視する活動>

広く地域住民に対して活動が開かれ、日常的な人のつながりが生まれ、共感と参加が拡大する活動
地域に密着し継続して取り組む活動
助成によってどう活動が充実、発展するのかが明確である活動
(1)の対象活動については、他の地域や関係先との連携により、社会的な広がりが期待できる先駆的な活動
(4)、(5)の対象活動については、子どもや当事者が主体的に参画して取り組む活動、子どもの自己肯定感を高める活動

募集期間
平成30年10月5日(金曜日)まで  この事業は受付終了しました (さらに…)

平成30年度「歴史の道みどりの拠点づくり事業」(12月31日まで)

内容/対象
事業の趣旨・目的
公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会は、街道を人間の生活と自然の接点と捉え、緑あふれる空間を創造することにより、当協会が目指す「自然と人間との共生」という理念の継承発展につなげ、人間にも自然にも魅力的な環境づくりを目指していきます。

事業の概要
旧街道などの歴史的に価値のある道を、自治体などが主導的に構想や計画を立て、地域と一緒になって整備していく場合、当該整備費の全部又は一部を負担します。

(1) 対象箇所:旧街道などの沿道で、樹木を植えることが可能なスペース
(2) 対象規模:原則10㎡以上
(3) 事業規模:1か所150万円程度を限度、全国で2か所程度
(4) 整備内容:土盛、メイン樹木(樹高:3から7メートル)、低木、地被類、道標、銘板設置など

応募制限
応募は当該地元市町村(都道府県も可)、事業実施者および維持管理団体(地元自治会など)が一体となって応募してください。

募集期間
12月31日(月曜日)まで

応募方法
応募に関する詳細については▼こちらのサイトを参照してください。

 

お問い合わせ先
〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2-136
公益財団法人 国際花と緑の博覧会記念協会
企画事業部第2課 歴史の道みどりの拠点づくり係
電話:06-6915-4513|ファックス:06-6915-4524
Eメール:rekishi-michi@expo-cosmos.or.jp
@を半角に変換してメールをお送りください。

備考
この助成制度は団体のホームページを参照して、島本町ボランティア情報センターで入力しているものです。
詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。

TOTO水環境基金(10月30日まで)

内容/対象

【国内】
助成の主旨
地域の水とくらしの関係を見直し、再生することを目指した創造的な取組を支援します。
これにより、地域で暮らす人たちが、ともに水とくらしの多様な関係を学び、これからの水とくらしの望ましい関係を考え、それぞれの地域の特徴をいかした、新しい文化を創り出す契機となることを期待します。

助成対象
[活動内容] 地域の水環境や生物多様性の保全・再生につながる実践活動
       スタートアップ・ステップアップをめざす市民団体の活動
[活動地域] 日本国内
(注意)当社事業所のない地域での活動も応募可能です。

【海外】
助成の主旨
地域および地球規模での社会的課題の解決を目指した創造的な取組を支援します。
各国・各エリアにおける社会的課題を明確に捉え、課題を解決するための新しい仕組みや事業を実現する契機となることを期待します。

助成対象
[活動内容] 各国・各エリアの水資源保全または衛生的かつ快適な生活環境づくりに向けた実践活動
[活動地域] 海外
(注意)基本的に日本国内に本部もしくは支部を有する団体。日本国内に本部・支部がない場合でも、TOTO水環境基金事務局(日本)と随時コンタクトがとれる団体であれば応募可能です。

応募制限
その他
● 営利を目的としない市民活動団体(法人格の有無や種類を問わない)
● 目的や内容が、特定の宗教や政治などに偏っていない団体
● 暴力団、暴力団員、暴力団関係者他、反社会的勢力などと交際、関係がない団体
(注意)過去に本基金より助成を受けた団体も応募可能ですが、同一プロジェクトに対しては最大3年間までとします。
ただし、助成期間終了後もボランティア参加などで活動の支援を継続します。

募集期間
10月20日(土曜日)まで

応募方法
応募に関する詳細については▼こちらのサイトを参照してください。

 

お問い合わせ先
TOTO株式会社 総務部 総務第二グループ 担当:津田、原
〒802-8601 北九州市小倉北区中島2-1-1
電話:093-951-2224 / ファックス:093-951-2718

備考
この助成制度は団体のホームページを参照して、島本町ボランティア情報センターで入力しているものです。
詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。